キャンプ講座

おすすめのタープを利用シーン別にご紹介

うめ

うめ

キャンプ歴25年の奈良キャンパー。幼いころからのボーイスカウト活動で培われたノウハウを武器に、今はキャンプの布教活動に勤しんでいる。趣味はゲームと野球と大食い。

スポンサーリンク

時にはリビング、時には日よけ、時には雨避け…と色々な用途があるタープ。テントの前室があれば十分と考える重度前室教患者の私でも、季節や移動手段、またソロかファミリーキャンプかの違いによって、タープは非常に重宝しております。

この記事では、タープの種類や特徴、おすすめのタープを紹介していきたいと思います。

こんな方に読んで欲しい

  • これからタープを買いたいけど、どれを買っていいのかわからない。
  • おすすめなタープを知りたい。

形状とそれぞれのメリット/デメリットについて

タープには大きく3種類の形状があります。
それぞれについて簡単に説明をしていきます。

レクタタープ(長方形)

その名の通り、長方形の形をしたタープになります。

 

レクタタープのメリット

  • 使用できる空間が広い
  • 片面を地面につけたり、設営の自由度が高いのでアレンジしやすい
  • 雨には比較的強い

レクタタープのデメリット

  • 設営に時間がかかりやすい
  • 収納サイズも大きくなりやすい
  • 風の抵抗を受けやすい
  • ポールを6本使用して張る際、水が溜まりやすくなる

ヘキサタープ(六角形)

ヘキサとありますが図形の正六角形をイメージすると実物とのギャップに驚くかもしれません。他にも五角形(ペンタシールド)や七角形(アウトフィッターウイング)など派生形もあります。

 

ヘキサタープのメリット

  • 設営が簡単
  • レクタタープに比べ、風の抵抗を受けにくい
  • 収納サイズがコンパクト

ヘキサタープのデメリット

  • 面積が狭いため、雨には弱くなりがち
  • 形状が固定されるため、アレンジが難しい
  • 出入口が制限される

ウイングタープ

ひし形のタープ。商品名に『ウイング』と入っているからウイングタープとは限りません(笑)

 

ウィングタープのメリット

  • 設営が簡単
  • レクタタープに比べ、風の抵抗を受けにくい
  • 収納サイズがコンパクト

ウィングタープのデメリット

  • 居住空間が狭い
  • 雨が吹き込みやすい
  • 出入口が制限される

シーン別のオススメタープたち

タープについても、テント同様に大きさや使用用途によって、選び方は様々です。

そこで、使いたいシーン別に分けて、ソロ、ファミリーでそれぞれのおすすめのタープについて紹介していこうと思います。

ソロ向けオススメ

(テンマクデザイン)ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version

そこで本日は、使いたいシーン別に分けて、それぞれに応じたおすすめのテントを紹介していこうと思います。TC素材の為、多少かさばるのが欠点ですが多少の火花で穴が開くことはないですし、テントと組み合わせた張り姿は画になると思います。

(snow peak)ヘキサイーズ1

紹介項目が果たしてタープなのかテントなのかで悩むところですが、あくまでテントのフライではなくタープとしての利用を想定しているようなのでこちらで紹介します。

先ほどのムササビウイングとテントの組み合わせをメーカーがセットで売り出した感じでしょうか。当然セットなので組み合わせた時の収まりはこちらの方が上でしょう。背面を閉じることができたりもします。

(DD Hammocks )DD Tarp

芸人のヒロシさんが使用しているタープとしても有名です。

なんといっても設営方法が自由で自身が思う形に設営することが可能な点で、張り方によってはシェルターのように使用することもできたりと創意工夫が試せる楽しいタープです。

ファミリー向けオススメ

(Coleman) タープ スクエアタープDX

ポール含みで15.5kgと中々の重量ですがそれに見合う大きさ、安定感を兼ね備えています

たしか、なが氏の所持タープだったような…また確認しておきます。

(山善 キャンパーズコレクション) テント スクリーンハウス300

ファミリーであれば3種類の選択肢以外にも虫の心配を減らすことができる、スクリーンタープも検討に入るかと思います。

メッシュ生地のため通気性も確保しつつ、虫の悩みも低減できます。ただ、吹き付ける雨にはどうしても弱いです。またテントの入り口と合わせることでスムーズな移動もできるようになります。しっかり接続できるタイプは少ないですが…

 

まとめ

大きく3種あることはこの記事で覚えていただけたと思います。ただその時その時で形状の流行り廃りがあり、いまはレクタやスクエア(正方形)の人気が出ているようです。

今回のオススメはどれも実用する分に非常に優秀なタープばかりですので、まだお持ちでない方は購入する際の参考にしていただけたなら幸いです。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
うめ

うめ

キャンプ歴25年の奈良キャンパー。幼いころからのボーイスカウト活動で培われたノウハウを武器に、今はキャンプの布教活動に勤しんでいる。趣味はゲームと野球と大食い。

-キャンプ講座
-,

© 2020 BE CAMP Powered by AFFINGER5